【まとめ】年賀状のマナーについて 《2021年丑年》

こんにちは、元・印刷屋です。

お客様の年賀状を印刷していると、年賀状のマナー違反を発見することがあります。意外と知られていない年賀状のマナーについて、お伝えしたいと思います。

スポンサーリンク
元・印刷屋が選んだ 寒中見舞い印刷ランキング
自信を持っておススメ出来る寒中見舞い印刷5社を比較しています。 まだ30%以上の割引率で注文できる会社もあります。 急遽、寒中見舞いはがきが必要になった方、要チェックです。

【まとめ】年賀状のマナーについて 《2021年丑年》

毎年出している年賀状ですが、年賀状のマナーにはいくつかポイントがあります。

年賀状は挨拶状の一つ。古くから挨拶状にはいくつかルールがあり、それを守るのがマナーです。

また、おめでたい正月に送る挨拶状なので、縁起の悪いことは忌み嫌う習慣があると言うことです。

上司や目上の人に送る年賀状賀詞のマナー《年賀状のマナー》

上司や先輩に送る年賀状であれば、知らないと困るマナーがあります。

上司や先輩など、目上の方に送る年賀状に使う「賀詞」についても紹介します。

すぐ使える賀詞文例集はこちらの記事からご確認ください

【注意】年賀状に句読点はNGです《年賀状のマナー》

結論から言います、年賀状で句読点はNGです。

句点・読点は正式な文章には使わないのがルールですが、その他にもマナーとして年賀状に使わない理由があります。

年賀状を書く前に、年賀状のマナーと、句読点についての知識を少しだけ身につけておきましょう。

【喪中の対応】喪中だけど年賀状を出してもいい?《年賀状のマナー》

年賀状を出す相手が喪中になった場合、自分が喪中の場合でも、年賀状を出しても良いケースがあります

喪中の相手への対応や、自分が喪中の場合の対応を、いくつかのケースを取り上げて説明しましょう。

【注意】年賀状に赤文字を使ってはいけない?《年賀状のマナー》

年賀状では、赤文字を使ってはいけない部分使わないといけない部分があります。

明確なルールが存在しない部分もありますが、元・印刷屋の見解をお伝えしたいと思います。

【注意】年賀状で「去年」はNG!「旧年・昨年」を使いましょう《年賀状のマナー》

年賀状で「去年」は使ってはいけません。マナー違反となります。「旧年」や「昨年」を使用しましょう。

なぜ年賀状で去年がNGなのか説明していきましょう。

以上、元・印刷屋でした!

タイトルとURLをコピーしました