年賀状で結婚報告をしたい 《年賀状のマナー》

元・印刷屋です。結婚の報告は年賀状を利用しましょう。

スポンサーリンク
元・印刷屋が選んだ 寒中見舞い印刷ランキング
自信を持っておススメ出来る寒中見舞い印刷5社を比較しています。 まだ30%以上の割引率で注文できる会社もあります。 急遽、寒中見舞いはがきが必要になった方、要チェックです。

年賀状で結婚報告をしたい《年賀状のマナー》

ちかごろ、年賀状を利用しての結婚報告をする人が増えてきています。結婚報告を兼ねた年賀状は、メリットが多く、披露宴の出席者などには改めて感謝を伝えられ、来られなかった方には、報告する事ができます。

また結婚を機に引っ越しをされるのであれば、新住所や連絡先を伝えるのに良い機会となることでしょう。
こうした結婚の報告を兼ねた年賀状をつくる際はどのような点に気を付ければよいのでしょうか?

写真はプロに撮影してもらおう

結婚の報告で写真を使う場合には、プロに撮影を依頼し、その写真データを使うようにしましょう。結婚式で友人に頼んで撮影してもらったという場合や、結婚式をせず、これから写真撮影しようとお考えのかたはプロのスタジオで撮影することをお勧めします。

なぜかというと、プロの写真とアマチュアが撮った写真は、印刷に使用した時点でそのクオリティの違いがはっきり出てしまうからです。

結婚報告は、一生に一度の大切なご挨拶ですから、写真の品質にはこだわりを持って、年賀状を作りましょう。

表情が分かるものを選ぼう

写真を選ぶ際に、気を付けるべきなのは、なんでしょうか。

それは、なるべく表情がハッキリ分かるものを選ぶということです。結婚報告を受け取った方が見たいのは、お二人やゲストの方々の、幸せそうな表情です。

なるべく表情がハッキリと分かる写真を選ぶようにしましょう。

実際のデザインに当てはめる

デザインとのマッチングを考える事も大切です。たとえ気に入った写真でも、デザイン的に考えた場合、別の写真を選んだ方がいい場合も多くあります。

そのため、様々なデザインに当てはめみて、どの写真が適切なのか、考えてみると良いでしょう。

【結婚報告・出産報告】格安年賀状印刷を選んではいけない3つの理由

結婚報告、出産報告は大事なイベント。格安印刷ではなく、品質重視で選ぶべきです。

【まとめ】年賀状のマナーについて 《2021年丑年》

年賀状のマナーに関する記事のまとめです。意外と知らない年賀状のマナー。是非チェックしてみて下さい。

以上、元・印刷屋でした!

タイトルとURLをコピーしました